無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
145
2020/07/02

第9話

8話
日向翔陽
日向翔陽
みんな
日向翔陽
日向翔陽
あなたのために出来ることはないか
影山飛雄
影山飛雄
んー...
月島蛍
月島蛍
例えば少しでもマネージャーの負担を減らして、勉強の方に回してもらうとか?
影山飛雄
影山飛雄
んー
日向翔陽
日向翔陽
お!月島いいんじゃない?
影山飛雄
影山飛雄
んー...
月島蛍
月島蛍
ねぇ、なんかいいなよでっかい人
影山飛雄
影山飛雄
あっなんか言ったか?
月島蛍
月島蛍
はぁーもういいよ
日向翔陽
日向翔陽
よし!じゃあ、月島のやつでどうよ!まあ、ひとつしかなかったけどな笑
影山飛雄
影山飛雄
あーいいんじゃね
日向翔陽
日向翔陽
で、どうやって?
月島蛍
月島蛍
だから、例えばマネージャーの仕事を手伝うとかでしょ!
日向翔陽
日向翔陽
お!そうだな!行ってくる!
日向翔陽
日向翔陽
あなたー!
あなた
あなた
あ、翔陽ー!
日向翔陽
日向翔陽
なんか手伝うこと無い?
あなた
あなた
あはは...!大丈夫だよ!ありがとね!
日向翔陽
日向翔陽
いやぁ
あなた
あなた
私の勉強の事だよね、あれは私が個人で頑張るから、翔陽たちは気にしなくてもいいよ!
日向翔陽
日向翔陽
そ、そう...?頑張ってね!
あなた
あなた
うん!
あなた
あなた
...ありがと
日向翔陽
日向翔陽
(///ω///)ボッ
日向翔陽
日向翔陽
今のはヤバいって...
あなた
あなた
ん?
日向翔陽
日向翔陽
何でもない!じゃあ!