無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

君の秘密
だいちぃ
だいちぃ
なぁ?よーへい
やふへゐ先生(よーへい)
やふへゐ先生(よーへい)
なんすか?
だいちぃ
だいちぃ
あなたって、過去に何があったの?
やふへゐ先生(よーへい)
やふへゐ先生(よーへい)
あー。言っていいのかな。
まぁだいちくんならいいか。
やふへゐ先生(よーへい)
やふへゐ先生(よーへい)
あなたは、親がお金持ちで、社長で小さい頃から構って貰えてなくて、褒めれたことも無くて学校では、中学生からいじめがあって、閉じ込められたり、水をかけられたり省かれたりで人を信用出来ない状態でその時に俺。幼なじみの俺があなたに話してみたんすよ。色々話を毎日聞くようにしててそうしたら唯一俺だけを信用してくれて、なんでも話してくれるようになったんです。で、人が怖くて信用出来ない状態になったからずっと俺が近くにいたんすけど、俺が引っ越すことになって学校が変わってしまって。会えなくたってたんです。まぁそのまま高校生になって普通に受験して学校に行ったらあなたの名前があって、話しかけてみたら向こうも気づいたみたいでまた2人で学校生活をして高校生卒業して大学は別々になって会えないからLINEとかを、時々するようになって、就職活動して俺は畑に入りました。んで、畑ならあなたを受け入れてくれると思ってはじめさんに相談してあなたを呼んだって感じです
だいちぃ
だいちぃ
あーそうだったのか、
褒めて貰えなかったのね。だから俺たちが褒めた時あんなに嬉しそうで泣いてたのか…。辛かったよな。今親何してるの?
やふへゐ先生(よーへい)
やふへゐ先生(よーへい)
あなたの事なんか忘れて飛び回ってますよ。
きっと、世界中を。
だいちぃ
だいちぃ
ほんとに辛い思いをさせらてたのか。
今では畑に馴染んでるから良かった。
やふへゐ先生(よーへい)
やふへゐ先生(よーへい)
だから、時々思い出したりして夜とか1人で泣いてるんすよ。俺らがあなたを守らないと多分生きていけない状態で。
だいちぃ
だいちぃ
畑のみんなに言わなくていいの?
やふへゐ先生(よーへい)
やふへゐ先生(よーへい)
はじめくんは知ってるけど。
みんなにはタイミングみて言うらしい
だいちぃ
だいちぃ
そうだね。
you
you
ねねー何話してるの?
やふへゐ先生(よーへい)
やふへゐ先生(よーへい)
おお!あなたか‪w
だいちぃ
だいちぃ
何も話してない笑笑
you
you
あなたかってなによ?‪w
だいちぃ
だいちぃ
笑笑
やふへゐ先生(よーへい)
やふへゐ先生(よーへい)
そういえばあなたバイト辞めたの?
you
you
あーやめてない。
だいちぃ
だいちぃ
ん?バイトしてるの?
you
you
そそ。カフェなんだけどね
だいちぃ
だいちぃ
行かなくて平気なの?
you
you
あ…。それが。
やふへゐ先生(よーへい)
やふへゐ先生(よーへい)
……
you
you
なんか、同じ職場の人に嫌がらせされてるから
今ちょっと休んでるの。
だいちぃ
だいちぃ
あ、そうだったのか。
そんなの辞めればいいじゃん。
畑やってるしさ?
you
you
だね!辞めるわ。
やふへゐ先生(よーへい)
やふへゐ先生(よーへい)
無理すんなよ!
you
you
はいよ!
はじめん
はじめん
💭あなたほんとに辛いよな。
俺が守ってやりてぇ。だけど1番あなたを守れるのはよーへいだよな。過去のことを1番知ってるし。
たなっち
たなっち
あなたーーーー
you
you
はぁい?
たなっち
たなっち
2人で、出掛けねー?
you
you
行く!
たなっち
たなっち
おし!じゃぁ支度しろ!
だいちぃ
だいちぃ
待って待って!2人で出かけるのズルくない?
たなっち
たなっち
そうすか?
動かないと取られるんで((ボソッ…
だいちぃ
だいちぃ
you
you
ん?どうかした?
たなっち
たなっち
いや、なんもねぇよ?
早く支度して車で待ってるから
you
you
へへい
トマトクン(智貴)
トマトクン(智貴)
💭俺だってまだ諦めた訳じゃありませんよ。
ただ、身を引いてるだけですから。
けんすけ
けんすけ
えーーーー!!!出かけんすか?
いいなぁー
はじめん
はじめん
まぁ今日は行かせてあげようじゃないか
今日はだからな?
たなっち
たなっち
あざーす
you
you
お待たせしました!行こ!
畑
気をつけてねー!
you
you
行ってきマース