無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

Taiki.S
あなたsaid
今日は高校最後の体育祭。待ちに待ちすぎ、死にそうな浜野あなたです←

大樹「よっ、あなた」
幼馴染みの佐藤大樹です。
イケメンなのは百歩譲って…いつも授業寝てる奴。起きてるの一桁数しか見たことないです←

あなた「…………( ̄∇ ̄)」

大樹「いや、なになに笑」

あなた「…………( ̄∇ ̄)」

大樹「あぁ、体育祭が楽しみすぎて逝っちゃった顔」

あなた「正解。」

あなた「大樹は種目何だっけ?」

大樹「サッカーと借り物競走…かな」

あなた「自分も覚えてないんかいっ!」

大樹「www」

大樹「あなたはバスケと借り物だよな。」

あなた「なんで自分の覚えてなくて、私の覚えてるわけwww」

大樹「…あなたが好きだからに決まってんじゃんか(ボソッ」

あなた「なんて?」

大樹「なんでもありませーん」

あなた「ほら、授業始まるよ。行こ!」

大樹「はいはい笑」

《HR後》
あなた「じゃ、借り物でね!」

大樹「おう!」
(↑あ、ちなみに席隣同士ね笑)

香奈「あなたー」

あなた「あ、香奈!」

香奈「一緒に体育館行こ。」

あなた「いいよん。」

香奈「あなた、隣の佐藤好きなんでしょ?」

あなた「ぶーーーっ」

香奈「ちょっ!!」

あなた「んなわけないでしょー?」

香奈「絶対そうだって!」

あなた「どこからくんの、その自信←」

香奈「見てて分かる」

あなた「…まあ、そうだねぇ。借り物が一緒ってだけでも嬉しい限りで。」

香奈「いっそ、告っちゃえば?」

あなた「それは絶対いや。」

香奈「あ、もう始まる。急ご!」

結果はもちろん、うちのクラスが優勝。
うち強いの多いからねぇ。

大樹「よ!あなた、優勝だって?すげーじゃん」

あなた「うん、大樹はどうだった?」

大樹「準優勝だった。」

あなた「まだまだだな。」

大樹「むっかつくわぁー」

あなた「はいはい、行こ。」

先生(審判)「1人1個くじ引いていってくださいね」

あなた「大樹、何番?」

大樹「俺2、あなたは?」

あなた「3番だ。」

大樹side
あなたと借り物、違うチームだった。残念だけど、ペアに呼べるからその面では嬉しい。

大樹「うわー、次の次やー」

あなた「頑張っ!」
といってばしっと背中を叩いてくる君。
もう…走り終わったんだ。男子と走ったのかな…

??「佐藤!佐藤!」

大樹「んえっ?」

男子「次お前、頑張ってこいよ。」

大樹「おう、」

とっさに手に取ったくじは
『好きな人』
あー…って嘘?!

大樹「あなたっ!」

結果は一位。

あなた「大樹、くじの内容なんだったの?」

大樹「…好きな人。」

あなた「え、?」

大樹「あなたが好き。ずっと前から。別に振ってくれてもいい。」

あなた「…私もっ。」

大樹「…ほんと?」

大樹「じゃあ…付き合ってください!!」

あなた「はいっ!」

おんなじ大学通って、卒業したら結婚しようね。

『幼馴染みからカレカノへ』

🐶🎽🐶🎽🐶🎽🐶🎽🐶🎽🐶🎽🐶🎽🐶🎽🐶🎽
@わりさんからのリクエストでした‼︎

長くなってごめんなさい…
お詫びに大樹くんの写真載せとくね〜保存◎