無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

Rui.Y
瑠唯side
???「瑠ー唯っ!」

元気よく俺の名前を呼ぶのは、彼女のあなた。FANTASTICSのパフォーマーでもある。

今、たまたまFANTAの楽屋の前で会った。まあ会いにきたんだけど。w

瑠唯「あ、焼肉屋、予約しといたよ。」

あなた「ありがとう!大好き!」

瑠唯「俺も。」
と言ってハグをする。

今日は月一の食事会の日。2人だけのね。
グループ絡みでは一緒に食べに行ったりするけど、2人だけの時間も欲しいからね。

あなた「あ、待ってね、帰る用意すぐしてくんね!」

瑠唯「あ、じゃあ俺も!」

あなたside
まじで楽しみ、食事会。
言い方悪いけど、誰にも邪魔されずに瑠唯といられるのって本当に最高。

FANTAーあなた以外
「じーっ)))」

え、なんか視線痛い…←
怒る恐る振り返ると…


FANTAのみんなが私を見つめてる←

大樹「今日は…?」

夏輝「月一のぉ?」

慧人「食事会。」

颯太「というわけで、」

世界「うきうきしているあなた君。」

夏喜「食べに行くのは」

勇征「ちょっと待て。」

あなた「なんでよw」

大樹「君、新曲の振り付けちょくちょく出来てなかったよね?」

FANTAー大樹以外
「よーね?!」

あなた「…では…失礼しましたぁぁぁあ!さようなら、また明日ぁぁあ!←」

瑠唯「え、あなたどしたの。」

あなた「なんでもない!」

瑠唯「何があっt((」

あなた「なんでもないったらなんでもない!」

あなた「はい、行くよ?!」

瑠唯「あ、はい←」

いろんなものを食べ、いろんな話をしたあなたと瑠唯。家に帰ったらすぐに眠りに付いた、あなた。

あなたのスマホのホーム画面に2件のLINEの通知が。

“佐藤大樹
明後日までに覚えてこいよ”

“佐藤大樹
《動画》”
この動画は…FANTAのみんなであなたのために撮ったものだった。