無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

Natsuki.H
夏喜side
ガラガラ

夏喜「おはよ〜」

病院に通うのが俺の日課。
病気でも怪我でも何でもないけど、

あなた「おはよう、なっちゃん」

あなたのために毎日通ってる。

あなた「毎日ごめんね。ありがとう」

小さい頃から肺が弱くて、今も入院している。

夏喜「いーの、いーの!あなたのためなら何でもするからちゃんと言ってね?」

あなた「頼もしいね笑」

夏喜「体調は?大丈夫?」

あなた「うん、」

夏喜「どした?元気なくなったけど」

夏喜「おわっ」

あなた「もうやだ、毎日毎日おんなじ景色で。暇だし、かといってなっちゃんにたくさん会える訳でも無いのに…もう、もう死んじゃいたい」

夏喜「そっか、気付いてあげられなくてごめんね。でもさ、あなたの病気って不治じゃないでしょ?頑張ったら治るでしょ?なら頑張ろうよ。いくらでもリハビリ手伝ってあげる。だから、、お願い。死にたいなんて言わないで。」

あなた「っ、ごめん。」

夏喜「あなた、手出して?」

あなた「うん、」

カバンから出したのはペアリング。
右手の薬指にそっとはめる。

あなた「これ、どしたの?」

夏喜「俺と、お揃い」

すでに付けてある、俺のリングを自慢げに見せびらかす。

あなた「ふふっ、ありがとう。大好きだよ、夏喜」

夏喜「っちょ、反則だって」

滅多に呼び捨てで呼ばないのに、、、

あなた「いってらっしゃい」


夏喜「いってきます」

病室を出る俺の指輪は綺麗な光を放っていた。