無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

Hokuto.Y
北人side
今日は久しぶりのoffです、吉野北人です。
彼女のあなたも基本自宅勤務だから、一緒にいれるなぁーと思っていたのですが…

あなた「えっと、ここを…こうやって、んー?なんか違う」

めっちゃ独り言言いながら、仕事してます。笑
あなたってサボる時はとことんサボるけど、仕事はやり過ぎなんじゃないかってぐらい頑張ってる。ちなみにデザイナーです。LDHの全体で活躍してて、俺らのLIVEとかMVの衣装はほっとんどあなたがデザインしてくれてる。

北人「お疲れ様、いつもありがとね。」

あなた「北ちゃん?お気遣いありがと、こちらこそ。」

北人「頑張って働くのはいいけど、休憩も仕事だよ?」

北人「最近、働きすぎじゃない?」

あなた「そ?そんなにだと思うけどなあ〜」

北人「んーん、実感してなくても体は疲れてるんだよ?」

北人「ちょっと休みなよ、俺も今日せっかくoffなんだから、イチャイチャしようよ。」

あなた「うん、ごめんね、ありがとう」

北人「ごめんは要らないって言ったでしょ。」

あなた「はい。笑」

北人「ん、どーぞ!」

あなた「ミルクティー…‼︎」

北人「ちょっとお砂糖多めね。」

あなた「太っちゃう…」

北人「あなた、たまにご飯抜いてる時あるでしょ。俺がいない時とか」

あなた「なんでお見通しなの…笑」

北人「彼氏だもん、当然だよ。笑笑」

北人「たまには甘えてよ。」

あなた「たまに?」

北人「…毎日で。笑」

あなた「ふふっ笑」

北人「もう!可愛い〜」

あなた「ちょっ、髪の毛ぐちゃぐちゃ〜笑」

北人「いいじゃん、家なんだから」

あなた「そうだけどさぁ〜」

北人「大好きだよ」
と言って、頭を私の肩に乗せてくる。

今日も北ちゃんは甘々です。

『甘々彼氏』