無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

Shogo.I
あなたside
昨日からやけにしんどい。

頭痛いし、吐き気はするし…今のところ熱はないんだけど…

翔吾「なあ、ほんまに大丈夫?」
彼氏の翔吾。今日はoffらしくてずっと隣にいてくれる。

「うん、たぶん。」

翔吾「熱ないんやんな?」

「今はね。」

翔吾「後から熱でますみたいな言い方せんでよ。w」

「ごめんごめん。笑」

翔吾「ん、おいで。」
翔吾はそういって自分の膝をぽんぽん、と叩く。
ここに座れってことね。

「ごめん、座るのきついかも…」

翔吾「そう?じゃあ、頭にしよ。」
翔吾の膝枕、超気持ちいいの。w
あったかいし、寝心地がいい。

「ん〜…」

翔吾「眠いやろ、寝てええよ。昨日しんどくてあんまり寝れんかったやろ。」

「んー、ありがと。大好き。」

翔吾「俺もやで、おやすみ。」

「おやすみ。」

翔吾side
あ、もしかして……妊娠?
いや、ちゃうよな?

ピコン📱

LI◯E
壱馬「翔吾〜、暇?」

「まあ、暇やけどw」

壱馬「今から家行ってもいい?笑」

「1人?」

壱馬「あー、北人も連れてこwええ?行っても」

「全然いいんやけど、後で話聞いてくれる?」

壱馬「ええけど…?」

「いや、そんな悪いことじゃないから!」

壱馬「おけ、じゃあ30分後ぐらいに!」

「おっけー!」

〜終了〜

翔吾「え、ちょっと熱ない?あつない?

ピーンポーン

翔吾「はーい。」
あなたをそっとベッドに寝かせて、玄関に向かう。

北人「おはよ〜」

翔吾「どーぞ、入って。」

かずほく「おじゃましまーす。」

翔吾「あ、ごめんね。あなた昨日からしんどいって言ってて。熱はないんやけど、」

壱馬「あなたちゃんが?」

翔吾「うん、ほんで、色々買い物行きたいからちょっとあなた任せてもええ?」

北人「俺は全然大丈夫だよ〜」

壱馬「責任持って面倒見ます!笑」

北人「あ、あなたちゃん、症状は?」

翔吾「あ〜、頭痛と吐き気、だるさだって。」

壱馬「んで、熱なしか…」

かずほく「じゃあ…」

北人「しょーご、妊娠検査薬買ってきた方がいいかも知れない…」

翔吾「あ、うん。」

北人side
熱の時によく食べるものとかをざっと買って帰ってきた翔吾。
翔吾「あなた…起きれる?」

あなた「ん…え?なんで、壱馬と北ちゃんが?」

翔吾「暇って言って来たの笑」

かずほく「お邪魔してます笑」

あなた「いーえw」

北人「あなたちゃん…いきなりで悪いんだけど、、検査してくれる?」

あなた「うん?妊娠検査薬?」

結果は…

あなた「陽性……」

かずほく「おめでとうー!!」

翔吾「嘘やん…!!」

あなた「しょーご!!!」

そう言って、満面の笑みを浮かべるあなたちゃん。

翔吾「じゃあ、まずは苗字一緒にしんとな?」

あなた「うん!!」

かずほく「お幸せにね!」

『ママになる前に結婚』