無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

Itsuki.F
樹side
いつになったら届くのかな…この想い。

You’re my only one.

君の満面の笑みも、

悪戯な笑顔も、

ちょっと寂しそうな顔でさえも…

一歩ずつでもいいから近づけたらいいな。

I think about you every time.

こんなに想ってるのは、俺の方だけなのかな?

でもきっと届くはず、、

どんな形であっても。

とにかく届け、この想い。

The love won’t finish.