無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

Hokuto.Y
あなたside
北人「ただいま。ちゃんといい子にしてた?」

私の彼氏の吉野北人。

私が樹といろいろあって、束縛状態です。

「おかえり。うん」

北人「嘘。また樹のこと考えてたんでしょ。」

「そんなことっ、んんっ、ぅ〜」

北人side
軽いキスから始まる行為。
あなたもイくの、3回目ぐらい。

「やっや!んー!!」

北人「またイったの?」

「はぁっ、っ」

北人「俺まだイってないけど」

「も、無理っ」

北人「無理じゃないでしょ」

容赦なく俺のを突っ込む。

「や、やらっ、も、むりぃっ」

北人「待って、もうちょっとだからっ」
最奥をガンガン攻める。

「やっ、あぁ、あっ、ん、いゃ、やら…、あっん…」

北人「ん、イっく!」
俺の白濁液はもちろんあなたの中へ。

「はぁっ、んっ、ぁ」

俺のを抜く時もえろい声を出すから、俺も止まらなくなるわけで。

北人「ん、第二ラウンド行こ?」

それから朝まで愛し合いました。


🐷🏀🐷🏀🐷🏀🐷🏀🐷🏀🐷🏀🐷🏀🐷🏀🐷🏀
@HONOKA🌺🐷さんからのリクエストでした!!