無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

184
2019/03/20

第4話

# 003
 _
 me
me
  てひょん、もう大丈夫...  
 保健室に着いた時に、彼女への罪悪感でてひょんにそう告げる 。
 てひょん
てひょん
  大丈夫じゃないでしょ?  
 me
me
  でもっ、彼女さん...  
 自分のことを優先して欲しい 。
 そう思ってたくせに、今は彼女を優先して欲しい 。
 なんて、思ってるなんて、私馬鹿 。
 てひょん
てひょん
  さらんちゃんよりあなたの方が大切 。  
 あー、本当てひょんは罪だ 。
 me
me
  でも、好きなんじゃ...  
 てひょん
てひょん
  ...告白されたの 。  
 てひょん
てひょん
  さらんちゃんに 。  
 なんだ、好きじゃないんだ 。
 なら、私にも可能性があるってこと?
 てひょん
てひょん
  俺、初めてなんだ 。  
 てひょん
てひょん
  付き合いたい そう思ったのが 。  
 てひょん
てひょん
 今まで、告白されたことあるけど、付き合いたい そう思ったことはなかった 。  
 てひょん
てひょん
  あなたがいたらいいって 。  
 てひょん
てひょん
  そう思ってたんだ 。  
 てひょん
てひょん
  でもね、あなたには幸せになって欲しい 。  
 てひょん
てひょん
  そう思うようになったんだ 。  
 てひょん
てひょん
  だから、彼女と付き合った 。  
 てひょん
てひょん
  俺は、幼馴染としてあなたに幸せになって欲しいから 。  
本当に彼は優しい 。
 私のためだったんだ 。
 でも、彼は、
 ” 幼馴染として ” 私の幸せを願ってるんだよね 。
 ” 彼氏として ” じゃないんだ 。
 彼の優しさが私には苦しみにしかならない 。
 彼は、悪くないのに 。
 自然と涙がこぼれる 。
 てひょん
てひょん
  あなた?  
 てひょん
てひょん
  ごめんっ...俺のせいだよね...  
 違う 。てひょんのせいじゃない 。
 なのに、声が出ない 。
 てひょん
てひょん
  ほんと、ごめん.........。  
 なんて、私を抱きしめるてひょん 。
 この時間がずっと続いたらな 。
 でも、そんな幸せは続かない 。
 キーンコーンカーンコーン
 チャイムがなる 。
 てひょん
てひょん
  あ、.........  
 てひょん
てひょん
  俺、帰るね 。  
 てひょん
てひょん
  また来るから 。  
 そう言って部屋を出る彼 。
 ほら、幸せは続かない 。
 ベットに入り、少し考える 。
 私これからどうするんだろ 。
 今は好きじゃない 。
 そうてひょんは言ってたけど、
 もし彼女のことを好きになったら?
 そう考えると怖い 。
 てひょんが私から離れていくようで 。







怖いんだ _ 。










_