無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

149
2019/03/23

第8話

# 007
 _







気づくと 、ふかふかのベットの上 。







私のベッドこんなにふかふかだっけ?










いつもと違う天井 。










きっとここは 、私の家じゃない 。










 てひょん
てひょん
   起き...た?   
 






愛しい人の声 。










 me
me
   てひょん..... 。   
 








ふと出たのは 、彼の名前 。










 てひょん
てひょん
   よかった..... 。   
 てひょん
てひょん
  全然起きないから 、   
 てひょん
てひょん
   死んだかと思った.........。   
 me
me
   ちょ 、勝手に殺さないでよ 。 笑   
 







あ 、私 、笑えてる 。










 てひょん
てひょん
   ごめん 、ごめん 、笑   








てひょんも笑ってるや 。









 いつも通りだ 。









いつも通り 、てひょんと笑えあえてる 。










 てひょん
てひょん
   もう 、大丈夫.....?   
 me
me
   あ 、うん 。   
 me
me
   ごめん 、迷惑かけて 、   
 てひょん
てひょん
  全然 。   
 てひょん
てひょん
   お互い 、一人暮らしだし 、   
 てひょん
てひょん
   1人じゃ寂しかったから 。   







そう 、少し照れ臭く笑うてひょん 。










 me
me
   ふふっ 、そっか 。   
 てひょん
てひょん
   あんま 、無理しちゃだめだよ?   
 me
me
   うん 。   







なんだか 、てひょんと話していると元気が出た 。






さっきまでの頭痛もないし 、だるさもない 。








やっぱり 、私にはてひょんなんだなぁ 。










 me
me
   私 、帰るね?   
 てひょん
てひょん
   .....うん 。   
 me
me
   じゃあ 、ね 。   







やめて 、そんな顔しないでよ 。






私だって 、貴方から離れたくないよ 。








でも 、これ以上 、苦しくなりたくないから 。










ごめんね 、てひょん 。










_