無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

148
2019/03/24

第10話

# 009
 _
 嘘だろ?
 今更 、こいつに用なんかないのに 。
 てひょん
てひょん
   今更 、何?   
 そう 、打つとすぐに既読がつく 。
 じみん
じみん
  いや 、てひょんと話したいなって思ってさ 。   
 は?どういうことだ?
 さらに頭がこんがらがる 。
 じみん
じみん
   今日会えないかな?   
 俺たちを裏切ったくせに?
 信じられねぇ 。
 今更 、会う気なんてない 。
 てひょん
てひょん
   お前と会う必要はねぇ 。   
 そう送るとすぐ既読がつく 。
 ブーブーと音が鳴ると 、スマホに じみん と文字が出ていた 。
 出たくはない 。
 でも 、少し 、少しだけ 、
 じみなと話したい 。
 という気持ちがあった 。
 だからかな?
 自然と指は画面をスワイプしていた 。
 てひょん
てひょん
   もしもし   
 じみん
じみん
   もしもし 、   
 じみん
じみん
   久しぶり 。   
 てひょん
てひょん
   何の用.........。   
 じみん
じみん
   っ 、ごめん   
 てひょん
てひょん
   は?   
 じみなの 「  ごめん  」に 、
 思わず 、声を漏らしてしまった 。
 じみん
じみん
   てひょん達のこと 、裏切ってごめん 。   
 じみん
じみん
   あなたのこと守るって約束したのに 、守れなくてごめん 。   
 じみん
じみん
   ずっと一緒にいよう そう言ったのに 、一緒にいれなくてごめん 。   
 てひょん
てひょん
   っ 、じみな.........。   
 じみなのその言葉に出る言葉がなかった 。
 じみん
じみん
   ごめんっ.........。   
 じみん
じみん
   俺さ 、   
 じみん
じみん
   戻ることになったんだ 。   
 てひょん
てひょん
   え?   
 じみん
じみん
   また 、てひょん達の元に帰ることになった 。   
 じみん
じみん
   だからっ 、   
 じみん
じみん
   また 、3人で.........。   
 てひょん
てひょん
   ごめん 、   
 てひょん
てひょん
   ごめん 。   
 そう言い残し 、俺は電話を切った 。
 じみなは謝ってくれた 。
 でも 、俺らの間に入った傷は 、
 「  ごめん  」では 、すまないもの 。
 ごめん 、じみな 。







_