無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

第1話 再会
森嶋帆高
森嶋帆高
陽菜さん!
天野陽菜
天野陽菜
帆高…?
天野陽菜
天野陽菜
本当に帆高なの…?
森嶋帆高
森嶋帆高
そうだよ陽菜さん…!また会えた!!
気づいたら私は、帆高のところへ駆け寄っていた
森嶋帆高
森嶋帆高
陽菜さん…これ…
天野陽菜
天野陽菜
あっ、指輪……
森嶋帆高
森嶋帆高
3年間、ずっと陽菜さ…、陽菜のために持っていたんだ。
天野陽菜
天野陽菜
ありがとう…
天野陽菜
天野陽菜
帆高にはめてほしいな…
森嶋帆高
森嶋帆高
え、いいの?
天野陽菜
天野陽菜
「いいの?」じゃないでしょ…!早くはめて…!
森嶋帆高
森嶋帆高
あ…うん…
(帆高)左手の薬指に指輪をはめる
森嶋帆高
森嶋帆高
陽菜さんごめんね。もう君を1人になんかしないよ。
天野陽菜
天野陽菜
うん…
ーーーキリトリーーー
今日はここまで!
初投稿が二次創作でしたが、見てくれてありがとう(*ˊˋ*)
続編をお楽しみに♪