無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

569
2020/03/14

第6話

変わる
ヒサメ
ヒサメ
話す前にわかるんだ…
イリィ
イリィ
何か言った…?💢 
ヒサメ
ヒサメ
なんでもないよ(^_^;
イリィ
イリィ
私は忙しいから…また今度にしてね^^*
アサヲ
アサヲ
 お、おう…
チダイ
チダイ
カゲチヨ殿ずるいぞ
カゲチヨ
カゲチヨ
別に俺は悪くねぇし
イリィ
イリィ
………
カゲチヨくんはヒサメが好きなんでしょ…
  


愛されてないのかな
イリィ
イリィ
……





愛されてないかもしれない















愛されているのかもしれない
















くうきとしてあつかわれているかもしれない

















…………大っ嫌い




カゲチヨ目線







カゲチヨ
カゲチヨ
……。
俺は、俺は、イリィを愛してあげられないかもしれない









愛せるかもしれない







あんなレベルが高い奴と、、








有名なヤツと、、






美女の奴と、、、









付き合えない
シディ
シディ
どうしたんだ?カゲチヨ
カゲチヨ
カゲチヨ
なんでもねぇ
イリィ
イリィ
絶対何かあるでしょ
1週間後
俺とのデートも、俺といる時間も











なくなってきた




イリィは暗くなっちまったんだ




大人しく




笑顔がなくて





性格はクールで





でも人気で




男顔で





前とは違くて、まるでまるで、




俺が殺したい吸血鬼だ
ミキ
ミキ
イリィ今日イリィの家に泊まっていい?
イリィ
イリィ
うん、いいよ
あの二人だけの時間が多くて、
















俺は空気。





。。





鈴の耳飾りを付けている、、





それが今の




俺が殺したいイリィだ