無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

💗隼×亜嵐①
亜嵐side

スタッフ「一旦休憩で〜す」

GENE「ふぅ〜、」

龍友「疲れたなぁー」

裕太「そやね なんや眠くなってきたわ」

龍友「昨日も夜遅かったもんなぁ」

隼「だよね〜!飲みすぎてやばかったもん 」

そう言って笑う隼。

亜嵐「昨日なにあったの?」

ちょっとだけモヤってする。

そしたら隼が、

隼「仕事終わり、龍友くんたちと飲んだの
あれ、言わなかったっけ?」

いや、知らない。

亜嵐「あぁ〜、多分先帰ったからだ。」

明らかにトーンが下がる。

なんか、モヤモヤっていうか、イライラする。

龍友「あ!そういや昨日のあれ!
めっちゃ笑ったよな !」

隼「たしかに!あれは大爆笑でしたね !」

なになに、俺の知らないこと?

もうやだ、、

そしたら次の瞬間、龍友くんが隼の肩に手を
置いたんだ。

亜嵐「、っ…」

隼「亜嵐、くん?」

あ〜だめだ。こんな俺恥ずかしい。

嫉妬とか、、

嫉妬なんか、してないし、!

亜嵐「は〜やと!ちょっといっしょに行かない?」

隼「どこに?」

亜嵐 「んー、喉乾いた」

隼「うん、行こ」

こんなの、嘘だし。。

引っかかる隼が悪いんだからね〜?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 ソ ル ト さん🧂
ソ ル ト さん🧂
🐷🍑🦎🔫💚は fan mark ❕ 【fan markは変わりがちなのでご注意を】 インスタ➡︎@solt_novel_(妄想垢) 前垢➡︎user/2e85b9+ <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご り ら さ ん 🦍 💗user/e996ba+ えすたん.user/f57201+ あんころもっち💫🌻💙user/85e520+ お れ おuser/7f3ad9+ 永遠の憧れ❕
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る