無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

🛋北人×樹🔞
北人side

北「ねーえー、いつきってば、!」

樹『なんですかさっきから』

北「…構ってよ」

さっきから、

隣に座ってるけどスマホばっかで

全然話してもくれない。

北「え、?いつき?」

構って、って言ったら急に見つめてきて、

樹『北人さんのせいですからね、』

北「へっ、?ちょ、!」

いきなり座ってる目の前に樹が来て、

樹『せっかく我慢してたのに、』

足を開かされて、

足の間に樹の膝が乗っている。

膝立ちで見下ろされて、

いつもより顔がよく見える。

そしたら樹の手が首の後ろに回ってきて、

北「い つき…?ん、っ、んぅっ」

樹『んっ、』

唇が当たったかと思うと、

舌が入ってきて口内を侵す。

離れると、どっちのものかも分からない液が

お互いの顔を濡らしているのが分かる。

北「なに、すんの、?」

樹『さっきも言いましたけど、
北人さんが誘ったんですからね?』

樹の性欲が恐ろしい…

北「んんぁっ、だめっ、それ…っ、」

俺の足の間にある膝でアソコを刺激されて、

思わず声が出てしまう。

北「ぁあっ、やだ、いつ きっ、」

ぐりぐり、としてきて

いつもとは違う快感に襲われる。

樹『顔、蕩けてますよ?』

北「…る、さいっ、」

俺の方が年上なのに…、

北「あっ、も、だめっ、」

耐えきれなくて、

ぎゅっと樹の腰に抱きつくと、

樹『もう限界なんですか?
じゃあベッド行きましょ、』

寸止めなんて、鬼畜。

もう力が抜けて立ち上がれないっていうのに。

樹『はいはい、捕まっててくださいね』

お姫様抱っこ。

今夜は樹に甘えてもいいかな。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 ソ ル ト さん🧂
ソ ル ト さん🧂
🐷🍑🦎🔫💚は fan mark ❕ 【fan markは変わりがちなのでご注意を】 インスタ➡︎@solt_novel_(妄想垢) 前垢➡︎user/2e85b9+ <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご り ら さ ん 🦍 💗user/e996ba+ えすたん.user/f57201+ あんころもっち💫🌻💙user/85e520+ お れ おuser/7f3ad9+ 永遠の憧れ❕
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る