無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第62話

🔒剛典×龍友①
龍友side

龍「おはようございます、」

最近 事務所でよく会う岩さん。

元々そんなに関わるわけではなかったけど、

剛『おはよ、』

いつも優しく微笑んでくれる岩さんに

惹かれつつある。

剛『ん、?俺の顔になんかついてる?』

龍「へ?いやいや、なんも、ないっす、」

こんなの…俺らしくない。

剛『そっか、…龍友、
今日の打ち合わせって何時まで?』

龍「っと、確か午前で終わると思います。」

剛『じゃあ終わったらリハ室 来てくれる?』

龍「え、はい、分かりました…」

なんだろ、

俺なんか悪いことでもしたかな…

そう呑気に考えてられるのもこの時だけだった。


剛典side

臣[お前 やっと話しかけられたの?]

剛『うん、今日 会う約束したし』

臣[すげーじゃん、]

剛『まぁね、』

考えるだけでもにやけが止まらない。

だって龍友 かわいんだもん、。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 ソ ル ト さん🧂
ソ ル ト さん🧂
🐷🍑🦎🔫💚は fan mark ❕ 【fan markは変わりがちなのでご注意を】 インスタ➡︎@solt_novel_(妄想垢) 前垢➡︎user/2e85b9+ <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご り ら さ ん 🦍 💗user/e996ba+ えすたん.user/f57201+ あんころもっち💫🌻💙user/85e520+ お れ おuser/7f3ad9+ 永遠の憧れ❕
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る