無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第71話

🐬広臣×壱馬①
壱馬side

「水族館行かない?」

憧れの先輩からこんな言葉をかけてもらえて
本当に幸せだ。

約束の時間になってもないのに
集合場所に着いて1人でそわそわしてる。

『あと、30分…、』

長く感じるけど、1人で勝手に妄想して
ドキドキしてるから時間の流れを感じない。

どんだけ好きなんだよ俺、

広「あれ、壱馬、もう来てたの?」

壱『え…!臣さん!まだ30分前ですよ?!』

広「いやいやそれは俺のセリフだから」

なんて言って笑う臣さん。

あぁ、好きだなぁ…

広「待った、?」

壱『全然です!』

広「そ、?じゃ、ちょっと早いけど行こっか」

壱『はい!』

そう言って、2人で歩き出した。

広「なに、手でも繋ぐ、?」

壱『へ、っ?』

全て見透かしたような目で
俺のことを見てくる。

もしかして、好きってことバレてる…?

壱『俺ら恋人でも無いですし、』

そしたら少し沈黙が流れたから
チラッと横目で隣を見ると、

広「ん?もしかして俺今ぼーっとしてた?」

壱『ふふっ、はい、』

気まずくなったかと思って焦ったけど
いつも通りでよかった、

…手、繋いでもらえばよかったかな…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 ソ ル ト さん🧂
ソ ル ト さん🧂
🐷🍑🦎🔫💚は fan mark ❕ 【fan markは変わりがちなのでご注意を】 インスタ➡︎@solt_novel_(妄想垢) 前垢➡︎user/2e85b9+ <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご り ら さ ん 🦍 💗user/e996ba+ えすたん.user/f57201+ あんころもっち💫🌻💙user/85e520+ お れ おuser/7f3ad9+ 永遠の憧れ❕
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る