無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第61話

🌙剛典×壱馬🔞
剛典side

熱いキスを交わし、

素足を持ち上げる。

そして、ゆっくり自分のモノを沈み込ませる。

壱『んんっ、はぁ、っ、』

色気のある声を出して、

背中を反らせて感じている壱馬。

剛「っん、」

壱『もっと、奥っ、』

ほんと生意気な後輩。

壱『ん、あっ、た かのり、さっ、』

自分で奥 とか言ったくせに。

壱『やぁっ、だめ、こわ れる、っ、んん、』

暗闇でも分かるくらい、

お互いの身体は熱く紅くなっている。

剛「めっちゃ ヒクヒク してるけど、?」

壱『い わないで、っ、んぁあっ、』

敬語もなしにね。

まぁ いいけど。

腕をおさえて、動けないようにする。

壱『なにす んの、っ、ぁあっ、』

抵抗できない壱馬は、

身体をうねらせることしかできない。

その動きが好きなんだよなぁ、

剛「あっ、ん、っ、」

もうすぐ達する というとき、

まるで俺たちを暗闇で覆っていたと思うような雲が、

まるで俺たちを照らすように動き、

2人しかいない空間が月明かりで満たされた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 ソ ル ト さん🧂
ソ ル ト さん🧂
🐷🍑🦎🔫💚は fan mark ❕ 【fan markは変わりがちなのでご注意を】 インスタ➡︎@solt_novel_(妄想垢) 前垢➡︎user/2e85b9+ <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご り ら さ ん 🦍 💗user/e996ba+ えすたん.user/f57201+ あんころもっち💫🌻💙user/85e520+ お れ おuser/7f3ad9+ 永遠の憧れ❕
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る