無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第48話

💅彰吾×樹
樹side

彰「これ塗ってほしいんじゃけど」

そう言って渡してきたのはマニキュア。

樹『いいですよ』

そしたら俺の隣にくっついて座った。

樹『今回は黒なんですか?』

彰「嫌なの?」

樹『いや、山彰さんならなんでも似合いますよ』

彰「そ、そっか」

些細なことでも照れてしまう姿が可愛い。

手を掴む感じで塗っていくと、

彰「樹、あんまり手いわらんで、」

樹『なんで?』

彰「くすぐったいから。」

樹『じっとしてないとはみ出ちゃいますよ?』

彰「わかっとるけど、」

なんだかんだで、全て塗り終わった。

樹『はい、終わりましたよ』

彰「ありがと」

満足そうな顔で手を眺めている。

樹『また塗る時言ってくださいね、俺塗るんで、』

彰「え、うん」

なんとも微妙な返事。

彰「だって手つきげーやらしいんじゃけぇ」

樹『そんなつもりはないんですけどね、』

彰「今度 樹にも塗っちゃる」

樹『いいんですか?』

彰「おう、」


彰吾side

別に自分で塗ってもいいけど、

やっぱり好きな人に塗ってもらいたくて
お願いした。

俺ならなんでも似合うとか

サラッと言ってのける樹に、

どんどん惹かれていく。

彰「樹は何色がええの?」

樹『山彰さんと同じのがいいです』

まーたそんなことをサラッと…

樹『…あの、俺だって、
照れることもありますからね?』

彰「え?」

樹『山彰さんが照れてるとこ見たくて
こんなことを言ってるわけで、』

俺があんまり照れてる所を表情に出さない、

らしい。

彰「なんだよ、お互い照れ屋じゃん、」

樹『ふっ、そうっすね、』

2人の幸せな時間がずっと続いてほしい。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 ソ ル ト さん🧂
ソ ル ト さん🧂
🐷🍑🦎🔫💚は fan mark ❕ 【fan markは変わりがちなのでご注意を】 インスタ➡︎@solt_novel_(妄想垢) 前垢➡︎user/2e85b9+ <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご り ら さ ん 🦍 💗user/e996ba+ えすたん.user/f57201+ あんころもっち💫🌻💙user/85e520+ お れ おuser/7f3ad9+ 永遠の憧れ❕
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る