無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

📺大樹×颯太
大樹side

颯「おじゃましまーす」

颯太が家に遊びに来た。

颯「めっちゃ綺麗な家ですね、」

大『そー?』

颯「なんか大樹くんの匂いする、」

大『え?…んー、まあ俺の家だしね。』

家の至る所をじろじろ見る颯太がなんだか

可愛く見える。

大『ソファ座ってていいよ〜』

それだけ言って、飲み物を取るために

キッチンに行った。

颯「テレビつけてもいいですか?」

大『うん、』

颯「みたいドラマがあって、」

大『へー、』

俺も一緒に見よっかな。

大『そっちいってもいい?』

颯「来てください、」

2人でくっついて座った。

この時までは、

まだこのドラマの内容を知らなかった。

だから、

大『これどんな話なの?』

颯「ん〜、」

なかなか答えてくれないままドラマが始まった。

そしたら、

大『…っ、ちょ、颯太、?』

颯「え?」

初っ端からラブシーンばっかりで、

見ているのが恥ずかしいくらい。

隣を見ると、ちょっと顔を赤くしながらも

画面を見つめている颯太。

なに考えてんだろ…

大『颯太、』

肩を叩いて俺の方を向かせる。

大『狙ってんの?』

颯「え?」

大『望んでんのかどうかは知らないけど、
俺だって意識せずにはいられないから』


颯太side

正直、こんなにラブシーンが多いってこと

忘れてて、ちょっとだけ焦ったけど、

大樹くんだからいいや

っていう安心感に任せてたら、

大『ごめん、我慢できない、』

颯「んっ、!」

急に押し倒されて、何が何だかよくわからない。

大『こんなことして、
俺が意識しないとでも思ったの?』

颯「いや、俺はただ…」

大『今さら遅いから。』

颯「んっ、ふぅ、…っ」

テレビの音も搔き消すくらいの声、

今夜はいっぱい聞かせてほしい。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 ソ ル ト さん🧂
ソ ル ト さん🧂
🐷🍑🦎🔫💚は fan mark ❕ 【fan markは変わりがちなのでご注意を】 インスタ➡︎@solt_novel_(妄想垢) 前垢➡︎user/2e85b9+ <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご り ら さ ん 🦍 💗user/e996ba+ えすたん.user/f57201+ あんころもっち💫🌻💙user/85e520+ お れ おuser/7f3ad9+ 永遠の憧れ❕
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る