無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

初めての連絡__。
薮宏太
薮宏太
...もしもし。
黒沢
黒沢
あ、もしもし。
薮宏太
薮宏太
あの、今日はありがとうございました、
黒沢
黒沢
あ、いえいえ。
あの、...よければ何ですけど、
タメ口で...話しませんか?
薮宏太
薮宏太
え、あの、良いんですか?
黒沢
黒沢
はい!
優しい君の声に...
ドキドキしていた...。

幸せな一時...。

この瞬間だけだったのかな...?