無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

君と出会った日。
ある春の日。

君と出会った...


君に一目惚れした。
薮宏太
薮宏太
あの!
黒沢
黒沢
はい、?
薮宏太
薮宏太
...え、っと...
黒沢
黒沢
どうされました?
優しい瞳で見つめてくる君。
薮宏太
薮宏太
...僕、薮宏太って言います...!
黒沢
黒沢
あ、あの、Hey!Say!JUMPの...?
薮宏太
薮宏太
知ってらっしゃるのですか...?
黒沢
黒沢
はい!大ファンです!
薮宏太
薮宏太
あ、ありがとう...ございます!
黒沢
黒沢
あ、えっと、私は黒沢あなたと言います!
薮宏太
薮宏太
あなた...さん...
黒沢
黒沢
...?
薮宏太
薮宏太
あ、何でも!え、っと...
あの、よ、よろしければ
連絡先交換しませんか...?
黒沢
黒沢
、是非!
なんて優しい子なんだ...


あなたさん...かぁ...///
薮宏太
薮宏太
そ、それでわ!
黒沢
黒沢
はい!
.........


胸がドックドックと
高鳴ったまま家に戻った。
薮宏太
薮宏太
はぁ...///