無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,211
2020/11/16

第2話

あなたside



あなた「んん……」
もう朝か、私は重い体を持ち上げベッドを出た。
今は朝の5時。私が今からすることは朝ご飯の用意と櫻葉と悟のお弁当を作ること。
あなた「ふぅはぁ……眠。」
よし。やるか。




ー6時頃ー
悟「ふぁぁ……ん、あなたおはよ。」
あなた「あ、悟おはよう。」 
悟「ん。」


あなた「あと少しでご飯出来るから櫻葉起こしてきてー。」

悟「了解〜!」
〜〜〜
ドタドタドタドタ
櫻「ママおはようーーー!!!!!」
あなた「ぅぐぇっ。お、おはよう」

悟「アッハハ今あなた変な声出た〜www」










今日も五条家の朝は賑やかです。