無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

638
2020/11/27

第15話

初デート
おにぎり さんリクエストありがとうございます
…………………………………………………………………………………………
これはまだ2人が高専時代の話。




これはデートと言うのだろうか…
硝子に「デートじゃん!行ってきなよ!」と言われ来たが、これはデートと言うのだろうか←2回

だってさ、どっちも高専の制服ですよ??
街中を、歩いてるだけじゃないすか、
ずっと沈黙よ、流石の私でも気まずいんですけど、
何、お散歩ですか?、うん。お散歩だな←自問自答

早く帰りたぁいなぁ、一応ね、五条とは付き合ってるんですよ?でもねぇまだ1回もデートした事がないんだよねー(笑)
悟「……ねぇ」

あなた「ビクッはっはい!!」

悟「どっか行きたいとこないの?」

あなた「え、あ、行きたいとこ……」

あなた「う〜ん……あっ!!あそこのカフェ!あのね、ショートケーキがおいしいよ!行かない?」

悟「ん、いーよ。行こ」




店員「ご注文はお決まりでしょうか?」

あなた「あ、えっと、ショートケーキ2つと、私はカフェオレで」

悟「同じく」

店員「ショートケーキ2つとカフェオレ2つですね、以上でよろしいでしょうか?」

あなた「はい。」

店員「少々お待ちください」





店員「お待たせ致しました、ショートケーキ2つとカフェオレ2つです。ごゆっくりどうぞ。」

あなた「どうも!」

あなた「はいっ五条!」

悟「ん、ありがと」

あなた「いただきまぁす」

悟「いただきます」

あなた「んふふ、おいひぃ((おいしい))」

悟「可愛い(飲み込んでから喋れよ)」

あなた「へっ?!///」

悟「あ、な、なんでもねー!」














その様子を見ていた夏油と家入

硝子「あいつ、絶対言ってる事と思ってる事反対だな……」←確信

傑「幸せそうで何よりだね(笑)」