無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

ストーリー8
男:あれ、さっきの女の刑事さんは?
相葉雅紀
相葉雅紀
交代した
男:あっそ…あんたに挨拶代わりに良い事おしえてやるよ
相葉雅紀
相葉雅紀
なんだ、良い事って…?
男:このボタンを押せば仕切りが外れて濃硫酸とフッ化水素が交ざる…そうするとフッ化水素が発生して警察庁内中に撒き散らされる。そのガスを吸ったら…そうだな500人くらいは死ぬかな?もちろん、ここにいる俺もお前も死ぬ
男は可笑しそうに笑った
雅紀side

コイツは自爆テロ?雅紀は身構えた
確かに、みずき野言うように、かなり強かだ


男:そろそろ手も疲れて来たし、後30分くらいで押しちゃおうか



対策室の小部屋では、みずきと潤がフェイズ認識別アルゴリズムで男の写真を分析…退庁者、だいたいの年齢から照合していた