無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

ストーリー14
その夜、対策室で…
大野智
大野智
みんなお疲れさん
メンバー
メンバー
お疲れ様〜
嶋川みずき
嶋川みずき
ふぅ〜
松本潤
松本潤
どうした?
嶋川みずき
嶋川みずき
いや…あの小暮って、みんなと同期なんだよね?
相葉雅紀
相葉雅紀
アイツは優秀だった
櫻井翔
櫻井翔
入庁当時も交番勤務が決まった時も目が生き生きしてた
松本潤
松本潤
1番最初に出世するって、みんなで言ってたよな
二宮和也
二宮和也
まさか…退庁してたなんて
相葉雅紀
相葉雅紀
しかも上司にイジメられて、追い詰められて…
櫻井翔
櫻井翔
昔に戻りたい…時間を巻き戻す…か
二宮和也
二宮和也
今、それが出来たら小暮を止める事、出来たのかもな
大野智
大野智
時間を巻き戻す事が出来ない事が出来ないって事、小暮自身が1番解ってるよ
嶋川みずき
嶋川みずき
……
松本潤
松本潤
みずき?
嶋川みずき
嶋川みずき
時間を巻き戻す…か 
本当に巻き戻す事が出来たら良いのに…
そしたら
そう言って黙ってしまった
松本潤
松本潤
みずき、疲れただろ 
今日は、もう帰って休め
メンバー
メンバー
……
嶋川みずき
嶋川みずき
そうだね