無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

ストーリー13
大野智
大野智
お疲れ
嶋川みずき
嶋川みずき
お疲れ
松本潤
松本潤
みずき😊
嶋川みずき
嶋川みずき
はい👍
二宮和也
二宮和也
雅紀、大丈夫か?
相葉雅紀
相葉雅紀
……
櫻井翔
櫻井翔
お前のお袋さんは無事だよっ
そう言ってパソコンを向けた。
パソコンの画面からは部長と談笑してる雅紀の母親の姿が映し出されていた
相葉雅紀
相葉雅紀
母ちゃん…
小暮:どう言う事だよっ
櫻井翔
櫻井翔
テロを起こす犯人が立て篭もる場合、必ず逃げ道を確保しておく…
小暮、お前の場合、雅紀を苦しめるため…
自爆テロじゃない
二宮和也
二宮和也
そこで、最も雅紀を苦しめる方法を考えた。
そして考えて…雅紀の身内を殺す事を考えた
松本潤
松本潤
何故なら…小暮、お前のお袋さん、お前が警察を懲戒解雇になった直後に亡くなってるよな…経歴に出てた
嶋川みずき
嶋川みずき
そう思って相葉の母親のところに松本に行ってもらった
潤が爆発物処理班を連れて弁当屋へ行って
雅紀の母親を保護…そして爆発物を無事に解除した
大野智
大野智
だけど…こっちの手のうちがバレてボタンを押される可能性もあった…だから芝居させてもらった
小暮は呆然としていた
大野智
大野智
小暮…お前は俺達よりも優秀だった。でもな優秀だけじゃ刑事は出来ないんだ。
俺がお前を選ばなかったのは、お前が優秀すぎたからだ…もう少し柔軟性を持て
例え雅紀が居なくても、俺はお前を選ばなかった
小暮:俺は…お前ら全員を一生恨んでやる
大野智
大野智
いい加減にしろ❗️
いい加減、自分の愚かさに気づけ
小暮は逮捕された。