無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

図書館への入口
フィオーレ
…ちゃん
フィオーレ
坊ちゃん!
フィオーレ
起きてください!
フィオーレ
学校に遅刻しますよ!
咲神 真博(さくがみ まひろ)
咲神 真博(さくがみ まひろ)
う…ん?
フィオーレ
はやく着替えて学校行きますよ
知らない男子…だけど、ここは前前世の自分の家
咲神 真博(さくがみ まひろ)
咲神 真博(さくがみ まひろ)
…誰?
フィオーレ
何寝ぼけているのですか?
フィオーレ
僕は、坊ちゃんのフェアベルターのフィオーレです!
フィオーレ
いい加減学校行きますよ!
フィオーレ
さぁ着替えて!
なんか…フィオーレっていう人に着替えさせられてる…
フィオーレ
はやく行きますよ
外に出てやっぱりそうだと思った
ここは前前世の僕の故郷
センデット帝国のエルラルドという商業都市
僕の家は、山の中にあるから綺麗な街並みがよく見える。
フィオーレ
なに止まってるんですか!坊ちゃんのせいで遅刻しそうなんですよ!
とりあえず学校までフィオーレと急いだ
~学校門前~
咲神 真博(さくがみ まひろ)
咲神 真博(さくがみ まひろ)
フィオーレ…僕、何年何組だった?
フィオーレ
坊ちゃん!まだ寝ぼけているのですね!
フィオーレ
全くもう…坊ちゃんは、一年華組です。
フィオーレ
急ぎましょう
咲神 真博(さくがみ まひろ)
咲神 真博(さくがみ まひろ)
あ、はい
なんとか昼休みまで誤魔化すことができた
~昼休み~
とにかく僕のいない期間この世界にどんなことが起こったのか知るために、図書館に向かった
咲神 真博(さくがみ まひろ)
咲神 真博(さくがみ まひろ)
フィオーレ、図書館はどこですか?
フィオーレ
坊ちゃん…いい加減にしてくださいよ…
フィオーレ
はぁ…北館極東ノ鏡を抜けた先です。
咲神 真博(さくがみ まひろ)
咲神 真博(さくがみ まひろ)
ありがとう
北館は、分かるけど極東ノ鏡ってどこだ
クレア
きゃ…
咲神 真博(さくがみ まひろ)
咲神 真博(さくがみ まひろ)
あ、ごめんなさい!
クレア
大丈夫ですよ
考えながら早足で歩いていたため、人にぶつかってしまったみたいだった
咲神 真博(さくがみ まひろ)
咲神 真博(さくがみ まひろ)
あ、あの極東ノ鏡ってどこですか?
クレア
えーっと…極東ノ鏡は、北館の一番東にある鏡ですよ
咲神 真博(さくがみ まひろ)
咲神 真博(さくがみ まひろ)
ありがとうございます
クレア
いえいえ
その女の子にお辞儀をして、その場を去った
~北館極東ノ鏡~
咲神 真博(さくがみ まひろ)
咲神 真博(さくがみ まひろ)
やっと着いた…
ていうか、校舎広すぎないか?!
少し疲れた…
この鏡を抜けるってどういうことだろう
鏡に入れるのか?
ちょんっと触ってみた
咲神 真博(さくがみ まひろ)
咲神 真博(さくがみ まひろ)
わっ!Σ(°Д°;
鏡が波紋みたいに揺れていた
咲神 真博(さくがみ まひろ)
咲神 真博(さくがみ まひろ)
は、入れる…
動揺しながらも鏡の中に入っていった