無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

光の決断 後編
一かバチか…
ファンタジーに賭ける!
月影 光(つきかげ ひかり)
月影 光(つきかげ ひかり)
シャイニング · スラッシュ!
魔物に手をかざす
目の前に光が現れ
魔物を消滅させた
月影 光(つきかげ ひかり)
月影 光(つきかげ ひかり)
やっ…やったぁ
もう一度死ぬかと思った
月影 光(つきかげ ひかり)
月影 光(つきかげ ひかり)
良かったぁ…
緊張してたから安心した瞬間
体全体から力が抜けたような気がした
ウォルター
ヒカ…?大丈夫だった?
月影 光(つきかげ ひかり)
月影 光(つきかげ ひかり)
うん…
ウォルター
ねぇ…もしかしてなんだけど、
ウォルター
あなた…ホンモノのヒカリじゃないよね
ウォルター
あはは…ごm
月影 光(つきかげ ひかり)
月影 光(つきかげ ひかり)
うん。私はあなたの知るヒカリじゃない。
ウォルター
そっか…なんとなくおかしいと思ってたんだ
月影 光(つきかげ ひかり)
月影 光(つきかげ ひかり)
うん。ごめんね、私は月影 光 別の世界から飛ばされてきたみたいなんだ…
月影 光(つきかげ ひかり)
月影 光(つきかげ ひかり)
だからココのこともあなたのこともなにも知らない。
そしてしばらくの沈黙が続いた
ウォルター
…じゃあまた一から友達になってくれる?
月影 光(つきかげ ひかり)
月影 光(つきかげ ひかり)
はい。喜んで!
ウォルター
「ヒカ」って呼ぶことにするね
月影 光(つきかげ ひかり)
月影 光(つきかげ ひかり)
うん。好きに呼んで
月影 光(つきかげ ひかり)
月影 光(つきかげ ひかり)
ココのことも色々教えて欲しいな
ウォルター
うん