無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第10話

ドキ(*´ェ`*)ドキ
神宮寺勇太
神宮寺勇太
あなた、
あなた

なに?

神宮寺勇太
神宮寺勇太
あなたに好きな人がいるのは
知ってるよ。
あなた

うん

神宮寺勇太
神宮寺勇太
あんまりあなたを困らせたくない
けど、これだけは言わせて
あなた

分かった。
(何、何神くんもしかして~)

神宮寺勇太
神宮寺勇太
俺ね。あなたの事が
































好き/////
あなた

え?

神宮寺勇太
神宮寺勇太
俺ねあなたに会って
たくさん話をしたりして
だんだんあなたの事が好きになったんだ/////
あなた

そうなの

神宮寺勇太
神宮寺勇太
でもあなたは好きな人がいるから
困らせちゃうね笑
ごめんねこんなこと言って
あなた

私も好き!

神宮寺勇太
神宮寺勇太
へ?
あなた

私の好きな人は神くんだよ!

神宮寺勇太
神宮寺勇太
本当に!?
あなた

いつも私のそばに居てくれて
嬉しかった(*´ω`*)

大好きだよ。神くん!

神宮寺勇太
神宮寺勇太
えっとじゃあ

俺の彼女になってください!
あなた

よろしくお願いします!

あなた

♡ぎゅー(((。•ω•(ω•。 )))ーっ♡

神宮寺勇太
神宮寺勇太
いきなりハグは/////
あなた

神くん照れてるの?
可愛い~(*^^*)

神宮寺勇太
神宮寺勇太
照れてないよ/////
あなた

手繋いで帰ろ!

神宮寺勇太
神宮寺勇太
そうだね(*^^*)
                           ~~END~~
~~作者から~~
今まで見てくれてありがとう(*^^*)
また新しい作品を出そうと思います!
そちらもぜひ見てくださいね(*^^*)