第53話

💙🩷💜🐬 胸
2,578
2023/04/03 11:40
花岡side

なんでかわからんけど恭平とみっちーが私の家に来たいって言って、丈くんと3人で家に来た。

私の家なんてなんもないのに。

ソファに座っとる丈くんの膝に座ると、一切嫌がらずに受け入れてくれた。

好きやわ((

恭平とみっちーは、私がリビングの棚に入れとった、なにわ男子が載っとる過去の雑誌をテーブルに広げとる。
花岡.
花岡.
なあ、今更それ見て面白い?
恭平
恭平
面白いやん、みんな若いし
みっちー
みっちー
髪型とか全然ちゃうよな
みっちー
みっちー
てかあなた、いつの間に丈くんの膝に移動しとったん?笑
丈くん
丈くん
たまにあるで、こういうの
花岡.
花岡.
もうなんとも思わんやろ?
丈くん
丈くん
思わんな
花岡.
花岡.
私のお気に入りの場所
みっちー
みっちー
仲ええな、ほんまに
花岡.
花岡.
仲悪くなったら終わりやろ
大した内容じゃない話をしとると、恭平が雑誌と私を見比べとって。
花岡.
花岡.
恭平、何しとん?
恭平
恭平
これ、なにわ男子結成してすぐの雑誌なんやけどさ
恭平
恭平
なんか...胸、でかなった?
花岡.
花岡.
...うわ、変態
恭平
恭平
いや、だって!
恭平
恭平
ほら、全然ちゃうやん
花岡.
花岡.
前は小さかったと?
恭平
恭平
そうは言っとらんやん
みっちー
みっちー
うわ、恭平サイテー
丈くん
丈くん
まあでも事実やもんな
そう言った丈くんが、服の上から胸を触ってきて。
花岡.
花岡.
ちょ...くすぐったい
恭平
恭平
え、今始めるん?
丈くん
丈くん
さすがにそれはないわ笑
丈くん
丈くん
前あなたが言っとった、好きな人に揉まれると大きくなるんやって
花岡.
花岡.
ねえ丈くん、いいって
みっちー
みっちー
え?脂肪が燃焼してサイズダウンするってなんかで見たことあるんやけど
花岡.
花岡.
やり方の問題よ、ただ触っとるだけやったらそうなるらしい
恭平
恭平
ちゃんとしたやり方とかあるん?笑
花岡.
花岡.
あるある、調べてみ
恭平
恭平
いや、ええわ
みっちー
みっちー
丈くんはいつまで触っとるん?笑
花岡.
花岡.
ほんまやで、離して
丈くん
丈くん
そういう気分にならんかなーって
花岡.
花岡.
ならんわ
丈くん
丈くん
でもこうすると気持ちええやろ?
花岡.
花岡.
ッ、ばか///
服の上から胸の先端を摘まれ、一瞬変な声が出そうになった。

これ以上何かされるのは危険やから、丈くんの膝から降りて、恭平の近くに座った。

ここなら大丈夫、と思ったのに。

恭平が後ろから私のお腹辺りに手を回してきて、体が密着した。

そして、もう片方の手で私の胸を揉む。
花岡.
花岡.
っ、ちょっと、
恭平
恭平
うわ、柔らか
花岡.
花岡.
ねえッ、恭平ッ
触りながら、首や耳を舐めてくる。

抵抗したいのに...気持ちよくて、出来ない。

丈くんを見ても、楽しそうにこっちを見とるだけ。

それどころか、「みっちーはええん?笑」なんて言い出して。

みっちーが躊躇いがちに恭平のすぐ隣に来た。
恭平
恭平
みっちー、ブラの外し方知っとる?
みっちー
みっちー
ん、多分
服の隙間から冷たい手がするっと入ってくる。

そして、パチッという音がしてブラが外された。
花岡.
花岡.
ね、ほんまに…///
2人の手が、直接私の胸に触れて。
花岡.
花岡.
ッ…///
みっちー
みっちー
うわ、やば
恭平
恭平
見た目よりだいぶ大きいやん
揉まれたり、先端を摘まれたりして、だんだん変な気持ちになってきた。

じわ、と下着が濡れるのを感じた。
花岡.
花岡.
みっち、きょへ…///
2人の腕をぎゅっと掴むと、2人が息をのんだのがわかった。

すると、丈くんが私の前に来て。
丈くん
丈くん
こら、彼氏以外の男に尻尾振っちゃダメやろ
そう言って、急に唇を重ねてきた。

舌を絡められ、そっちにばかり夢中になる。
花岡.
花岡.
んっ...ふぁっ、丈くんっ…///
恭平
恭平
えろっ
丈くん
丈くん
ほら、メンバーにえろいって言われとんで?
花岡.
花岡.
嫌やぁっ…///
花岡.
花岡.
んんっ…///
みっちー
みっちー
ほんまにあなたやばいって//
歯茎を舐められ、ゾクゾクした。

そして、腰の辺りに違和感。

多分、恭平勃っとる。
花岡.
花岡.
はあっ、はあっ、ほんまになんなん…///
抜け出そうとしても、恭平にがっちりホールドされとるせいで動けない。

ほんまにおかしくなりそうやった。
花岡.
花岡.
丈くん、助けて...っ
丈くん
丈くん
んー、やだ
恭平
恭平
丈くん、俺勃ってきた
丈くん
丈くん
まじ?笑
丈くん
丈くん
じゃあ...あなた、恭平のことちゃんとイかせること出来たら助けてあげる
恭平
恭平
挿れるのは?
丈くん
丈くん
なし
恭平
恭平
えー
丈くん
丈くん
えーやない、俺の彼女やから
みっちー
みっちー
じゃあ俺もヤッてもらお
丈くん
丈くん
お前もか笑
みっちー
みっちー
こんなんして勃たんやつおるん?
恭平
恭平
おらんな笑
恭平
恭平
じゃあお願いしまーす
恭平が私のお腹に回しとった手をようやくどかして、ズボンから反り返ったモノを出した。

どうすればええのかわからなくてとりあえず手で包むと、ソレはさらに大きくなる。
恭平
恭平
ッ、やば…///
もうどうにでもなれ、と思って。

恭平のモノを口に入れた。
恭平
恭平
ッ…///
ジュボッ、ジュボッという音と恭平が快感に耐える声だけが聞こえる。

メンバーとこんなことしとるなんて...他人に知られたらどう思われるんやろう。
恭平
恭平
うッ、ああッ、やばい…///
恭平
恭平
あなたッ、イクッ…///
その直後、私の喉の奥に恭平の濃い欲が吐き出された。

それを飲み込むと、恭平は満足そうに笑ってモノをズボンにしまった。

そして、恭平と入れ替わりでみっちーが私の前に来る。

ズボン越しでもわかるぐらいギンギンに勃っとるソレは、ズボンから出すとさらに大きくなった。
花岡.
花岡.
みっちーのは...前シたことあるっけ
みっちー
みっちー
ある
丈くん
丈くん
は、いつ?
花岡.
花岡.
全員で宅飲みした時
丈くん
丈くん
あの時最後までヤッたんやないん?
花岡.
花岡.
最後までヤッて、その後やな
みっちー
みっちー
あなた、今はそれはええから早くシて
花岡.
花岡.
ん、わかった
さっきと同じように口に含むと、それだけでみっちーは甘い声を出す。
みっちー
みっちー
んッ、あッ…///
恭平
恭平
うわ、みっちーえろ
みっちー
みっちー
はあッ、あッ、あなたッ…///
みっちー
みっちー
ッ、はあッ、はあッ…///
みっちー
みっちー
やばッ、イクッ、あッ…///
みっちー
みっちー
イクッ、あなたッ…///
みっちーの欲も口で受け止め、飲み込んだ。
花岡.
花岡.
はあ、はあ…///
2人は満足そうやけど、私のソコはびしょびしょで。
花岡.
花岡.
丈、くん…///
丈くん
丈くん
ん、よく出来ました
丈くん
丈くん
じゃあ...悪いけど2人は帰ってもらってええ?
恭平
恭平
この後は2人の時間?笑
丈くん
丈くん
そうやな
丈くん
丈くん
あなたのこともちゃんと気持ちよくしてやりたいし笑
みっちー
みっちー
ほどほどにな〜笑
そんなことを言い残して恭平とみっちーは帰っていった。
花岡.
花岡.
丈くん、私も気持ちよくなりたい…///
丈くん
丈くん
わかっとるよ、ちゃんと最後までスるから
メンバーとスるのは、罪悪感があって、でもそれがいい刺激になるな、なんて思った。

それを丈くんに言ったら「変態」って笑われたけど笑

ちなみに、あの後ちゃんと気持ちよくしてもらいました。

プリ小説オーディオドラマ