第50話

💙🐬 自慰・対面座位
2,777
2023/03/17 06:22
花岡side

丈くんが風呂に入っとる間、丈くんの部屋の、机の引き出しをこっそり開けた。

見たことがあるいくつかの玩具が入っとるそこには、見たことがないものが。
花岡.
花岡.
…縄?なにこれ
等間隔に結び目がついた細めの縄。

何に使うか予想出来ひんけど、ここに入っとるってことは。
花岡.
花岡.
気持ちええんかな…
自慰なんて滅多にしないけど、なんだかムラムラしてきて、ズボンを脱ぎ、下着越しに縄の結び目をそこに擦り付けてみた。
花岡.
花岡.
っ、あっ…///
思わず声が出てしまって、慌てて口を塞ぐ。

なんこれ、むっちゃ気持ちええ。

少し強めに押し付けたりぐりぐりしたりすると、勝手に腰が動いてしまう。

さらに、縄を太ももの間を通して体の前後で持ち上に上げると、結び目がない部分がグイグイとくい込んでくる。

そのまま縄を前後に動かしたり結び目を押し付けたりしとると、だんだん息が上がってきて。
花岡.
花岡.
はっ、はっ、あっ、イクッ…///
花岡.
花岡.
イクッ、イクッ、ああッ…ッ〜!///
外からの刺激だけでこんなに簡単にイッてしまう自分に驚いた。

そして、いつ丈くんが戻ってくるのか分からんのに、もっと気持ちよくなりたくて。

部屋を見回して目に入ったのは、丈くんの机の角。
花岡.
花岡.
ええ、かな…///
角オナニー。

動画で見たことはあったけど、実際にしたことはなかった。

立ち上がり、丈くんの机の横に立つ。

角にソコを当て、少し動いてみる。

と。
花岡.
花岡.
ッ!?///
体がゾクゾクした。

さっきの縄なんて比べ物にならないぐらい。

勝手に腰が速く動いて、そこを擦り付けるスピードが上がる。

机がひんやりしとるのもあって、どんどん気持ちよくなった。
花岡.
花岡.
あっ、ダメッ、イきそ…///
花岡.
花岡.
あっ、あっ、イクッ…///
2度目の絶頂を迎えそうになった時。

不意に後ろから抱きしめられた。
丈くん
丈くん
なーにやっとるん?
聞こえたのは、優しい、温かい声。
花岡.
花岡.
っ、丈くん、これは…///
丈くん
丈くん
あなたには縄じゃ足りんかった?笑
花岡.
花岡.
ち、ちが…///
丈くん
丈くん
違くないやん
首筋を舐められ、身体に快感が走る。
丈くん
丈くん
あ、イク寸前で止めてごめんな?
丈くん
丈くん
最後までやってええで
花岡.
花岡.
い、いや…///
丈くん
丈くん
中途半端でええん?
花岡.
花岡.
っ…///
花岡.
花岡.
や、だ…///
丈くん
丈くん
ん、どーぞ
丈くんがベッドにぼすんと音を立てて座る。

彼氏の前でオナニーなんて、何やっとるんやろと思う。

でも、一度角オナニーでイッてみたくて、再び机の角にソコを擦り付けた。
花岡.
花岡.
っ、はっ、はあっ…///
丈くんの視線を感じて恥ずかしくて、でもそれが私を興奮させる。
花岡.
花岡.
イクッ、だめっ、あっ…///
花岡.
花岡.
イクッ、イクッ、あっ、イクッ…ッ〜!///
全身の力が抜けて崩れ落ちそうになった私を、いつの間にか後ろにおった丈くんが支えてくれた。

途端に、丈くんの前でオナニーでイッてしまったという羞恥が襲ってくる。
花岡.
花岡.
あの、ご、ごめんなさい
丈くん
丈くん
怒ってへんよ、ええもん見れたし
丈くん
丈くん
でも…ほんまエロすぎ
机に手をついた姿勢のまま、丈くんの指が下着の隙間からナカに入ってくる。
丈くん
丈くん
うわ、ぐしょぐしょやん
丈くん
丈くん
そりゃそうか、1人であんなに気持ちよさそうにやっとったんやもんな
花岡.
花岡.
っ…///
丈くんが喋る度に吐息が耳にかかってくすぐったい。

私が耳が弱いことを知った上でやっとる丈くんは、私が感じとるのを見てふふっと笑った。
丈くん
丈くん
今日はそんなに長く触らんでも大丈夫そうやな、こんなに濡れとるし
花岡.
花岡.
やっ…///
丈くん
丈くん
こっちおいで、あなた
丈くんは私の手を引いてベッドの横まで行き、するすると私の下着を脱がせる。

そしてベッドに座り、膨れ上がったモノをズボンから出してゴムをつけた。
丈くん
丈くん
あなた、ここ乗って
花岡.
花岡.
えっ…///
丈くん
丈くん
ほら、早く
腕を引かれ、丈くんの足に跨った。

丈くんに肩を押され体が沈む。

それと共にモノがゆっくりと入ってきた。
花岡.
花岡.
ッ、あッ…///
挿れとるだけで腰がビクビクと動いてしまう。

最後まで入った瞬間、軽くイッてしまった。
丈くん
丈くん
もうイッたん?笑
花岡.
花岡.
対面座位、初めてやもん…///
丈くん
丈くん
これでヤバいんやったら騎乗位とか無理なんちゃう?笑
花岡.
花岡.
うっさい…///
口を塞ごうとキスをすると、頭の後ろに手を回され舌を絡められる。
花岡.
花岡.
んっ、ふっ…///
丈くん
丈くん
はあっ、あなた、動いてええ?
花岡.
花岡.
うん、いっぱい動いて…///
丈くん
丈くん
っ、煽んなって、ばか…///
花岡.
花岡.
あッ、やばいッ…///
普通にヤるときともバックのときとも違う当たり方で、いつもと違うところが擦れてさらに感じてしまう。

私は下は脱いどるけどそれ以外は2人ともちゃんと着たままやから、イケナイコトをしとるみたいで妙に興奮した。
花岡.
花岡.
ッ、あッ、あッ…///
丈くん
丈くん
はっ、あなた、体痛くない?
花岡.
花岡.
だい、じょぶ…んあッ…///
丈くん
丈くん
じゃあ、ちゃんと掴まっとってな
花岡.
花岡.
ッ、!?///
花岡.
花岡.
やあッ、まッ、じょうくッ…///
下から奥まで突いてくるのが気持ちよすぎて、目の前がチカチカした。

気づけば自ら腰を振っていて。

快感の波に飲まれそうになる。
花岡.
花岡.
あッ、あッ、ダメッ…///
花岡.
花岡.
やッ、イクッ、イクッ…///
丈くん
丈くん
あなたッ、イクッ…///
花岡.
花岡.
イクッ、イッちゃうッ、ああッ、ダメッ…///
花岡.
花岡.
イクッ、あッ、あッ、あッ〜!///
丈くん
丈くん
ッ、あなたッ…〜ッ!///
ナカで丈くんのモノがドクドクと脈打つ。

丈くんに抱きついて呼吸を整えとると、ナカで違和感。
花岡.
花岡.
ッ、ねえ、また勃っとる…?///
丈くん
丈くん
〜ッ、ごめん、///
花岡.
花岡.
んッ、ちょっと…///
変わったことをヤると一度じゃ終わらないのが私たちです…♡








不定期更新過ぎてすみません🙇‍♀️

プリ小説オーディオドラマ