無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

18
2021/06/11

第2話

”あなた”と”わたし”のお別れに。
前置き

・バルーン様の「シャルル」を使わせていただいております
・出演…八雲 アラ 門崎 光輝
・一応、悲しいエンド…なのかな?
・語彙力ないので意味不明です。
・全て自己解釈でお願いします

それではスタート!

----------------------------------------------------------
アラside
門崎 光輝
門崎 光輝
…ごめんね、ほんとごめん
こんなことになって
「別れよう、さよなら」

その言葉は貴方からだった。
それなのに、なんで貴方は泣いてるの?
八雲 アラ
八雲 アラ
…そっか、今までありがとう
そうやって、昨日のことさえも泣いて消してしまうんやろ。
…もういいよ
八雲 アラ
八雲 アラ
…泣かないで、笑ってや(ニコッ)
----------------------------------------------------------
虚ろな顔で、花束を抱えて少女は歩く。
その行動に、意味なんて何も無いけれど。
八雲 アラ
八雲 アラ
………。(ボー)
自分でもわかるほどぼーっとした顔で、静かな街を見下ろした。
「…なにしてんの?」
いつも通りならば隣からそんな声が聞こえてくるのに。
そんな風に理想ばかりを夢見て、心を理想の中に置き去りにしていく。
八雲 アラ
八雲 アラ
…もういいか…
----------------------------------------------------------
何も考えず、何も感じず、ずっと空っぽなままでいよう。

そうしていつか、深い青哀しみで心を満たすことになったとしたら
八雲 アラ
八雲 アラ
…どうやろ、そうなったら俺は…

今みたいに悩むことが出来るんかな…?
----------------------------------------------------------
八雲 アラ
八雲 アラ
…大好き、今も大好きだよ、ずっとずっと…
雲の上まで届くくらいの大きな愛情を、濁ることの無い一途なこの思いを、光輝に。
そうじゃないと、君にはこの思いは届かないでしょ?
八雲 アラ
八雲 アラ
…なんで、届かないの?
2人で描いた遠い未来の話を、夜が明けるまで続けていよう?
八雲 アラ
八雲 アラ
嫌いあって、喧嘩したって、最後には笑いあって。
キリがないでしょ
八雲 アラ
八雲 アラ
だからさ、最後くらい笑ってさよならしたかったな…
----------------------------------------------------------
アラside
2人で見た朝焼けと、あなたが吐いたため息。
この街では、沢山の思い出が蔓延っていた。
また今日も、日がすぎる度に俺らはお互いのことを忘れていく。
八雲 アラ
八雲 アラ
ねぇ、そうでしょ?
----------------------------------------------------------
…もう、何も言わず黙っていよう。
もし、そうしたことで、自分が苦しむことになったとしても…
八雲 アラ
八雲 アラ
…別にいいんだよ、こんな憂鬱な気分にも、意味があるなら。
----------------------------------------------------------
俺らはまだ恋をしてる、こんなに静かな恋だけど、それでも恋をしてる。
「恋」だの「愛」だの、汚れきった汚い言葉だけど、今、君に伝わって欲しいの。
八雲 アラ
八雲 アラ
…もう、ここには何もないね、誰もいない
門崎 光輝
門崎 光輝
…うん、そうだね、誰もいない
本音を隠して、嘘の気持ちで愛し合っていたから、こんな結果になってしまった。

2人の決別、こんな惨めな結果に。
八雲 アラ
八雲 アラ
…なんだか、心が痛いわ…‪w(ポロポロ)
…今更泣いたって、意味なんてないのにな。
----------------------------------------------------------
光輝side
…本当は、初めからわかってたんだ。
僕と”彼女”じゃ、価値観も何もかも、根本的に合わないことくらい
門崎 光輝
門崎 光輝
なのに…なのに、2人とも、価値観を変えることが出来なかった、だからこんな結果になったんだよね
門崎 光輝
門崎 光輝
こんな…馬鹿らしい結果悲しい結末に。
アラside
ずっと、「こんなことでいいのか」って悩み続けてた
八雲 アラ
八雲 アラ
…ほらね、俺らは変わることは出来ないんよ
八雲 アラ
八雲 アラ
…そうでしょう?だってお互いのせいで…
”今の結果があるんやから。”
----------------------------------------------------------
『愛を謳って、歌って、雲の上』

『濁りきっては――…』
八雲 アラ
八雲 アラ
もう、何も見えないや!!
あぁ、もう嫌だ。もう何もかも嫌だ。
日が経つにつれて重なって、山のようになっていくこの後悔を、あなたの目を見て話したい

「あの時はごめんね」

って、今更だけど謝りたい。
でも、きっと君はこう言うんやろうなぁ
門崎 光輝
門崎 光輝
もういいよ、過ぎたことだし
僕も悪かったから、ごめんね
八雲 アラ
八雲 アラ
…いいよ、過ぎたことやし‪w
なんで君が謝るんだろうか?

許し合ったって、君が謝ったって、なんの意味もないのに、なぁ…。
八雲 アラ
八雲 アラ
…まだ俺、光輝のこと大好きみたいやわ
門崎 光輝
門崎 光輝
…そうなの?僕も嫌いじゃないけど
八雲 アラ
八雲 アラ
…別れた意味ってなんやったんやろ。
門崎 光輝
門崎 光輝
さぁ。でも、付き合ったらまた同じことになるよ
八雲 アラ
八雲 アラ
…もう、夜やなぁ…
門崎 光輝
門崎 光輝
暗くなってきたね、そろそろ帰ろうか
八雲 アラ
八雲 アラ
……うん、そうだね
門崎 光輝
門崎 光輝
…じゃあ、さよなら(ニコッ)
八雲 アラ
八雲 アラ
…うん、さよなら(ニコッ)
…今日こそは、ちゃんと目を見て、笑いあって、「さよなら」出来たね。




❦ℯꫛᎴ❧
----------------------------------------------------------
意味不明ですがお許しください、俺にはこれが限界でした。()
前置きで言った通り、自己解釈でお願いします(?)