無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

252
2020/01/31

第6話








3人で下駄箱まで走ってきた。



あなた 『はぁっ… もぅ…つかれた…』






岸 『俺も…ギブっ…。』





神宮寺 『 ……あれ。あなた、やばいかも。』












あなた 『 …え??』












3人で全力ダッシュして、



逃げたつもりだったのに。





















廉 『 はぁっ…なんで逃げんねんッ!? 』















なんで………
















あなた 『ちょっ…なにっ…なんでっ』













鈍感な私でも分かる。




永瀬くんの後ろには鬼の形相をした女子達が


私を睨んでる。









廉 『 コイツ… 俺のだから。』










と、岸くんと神に向かって一言言って

私の肩をつかんでぐいっと引っ張る。








あなた 『わっ…なにっ…!』





























岸 『 ありゃ本気だな… 』









神宮寺 『…結構愛されてんじゃん笑』

















───────────────

Next➥