プリ小説

第2話

2
ある日の朝。

いくや
あなた、これあげる
自分
ありがとうございます!!

って、なんですか?これ
いくや
ドリンクだよ
自分
いや、見たらわかりますけど
いくや
いつも、はやくきて頑張ってくれてるからあんまり頑張りすぎんなよ
ちょっとキュンとした////


こんな1面もあるんだね
自分
見ててくれたんですか?
いくや
んだよ////
誰も見てなくても俺はあなたが頑張ってくれてるってこと見てるからな

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

てるるるるるるんっ
てるるるるるるんっ
初めて書くのでお願いします! 私の、妄想なので誹謗中傷はやめてください。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る