プリ小説

第4話

4
奈々目線


奈々
おはようございます!!!!!!
いくや
おはよー
山口課長に睨まれた笑


あなたとの時間を邪魔しちゃったからか。


私だってあなたと話したいし。


奈々
山口課長、邪魔してすみません。
あなたは何のこと?っておもってるんだろーな笑


ホント、鈍感なんだから

いくや
お前もっと遅くに来いよ
奈々
以後気をつけまーす、
ちょっと邪魔したぐらいでそんなに機嫌悪くならなくてもよくない?

そんなんじゃ、いつまでたってもあなたに気づいてもらえないからねー


いくや
やる気あんのかよ?
奈々
はいはい。
こわっっ笑
いくや
はいは1回でいい。
そんなんじゃ、あなたに嫌われますよ。

ばーか笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

てるるるるるるんっ
てるるるるるるんっ
初めて書くのでお願いします! 私の、妄想なので誹謗中傷はやめてください。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る