プリ小説

第24話

24
あれから、1週間。


私は毎日蒼空に助けられながら、山口課長と奈々を避け続けた。


そのせいで、部署の中の雰囲気はイライラMAXになってしまった。
奈々
あー、もうー!!!!!
ビクッ
奈々が叫び出した。
いくや
奈々、うるさい。

静かに仕事しろ。
奈々
山口課長だって、イライラしてるんでしょ?

叫べばいいじゃん。

あなたが好きだから俺を避けるなって
え?

山口課長が


私を好き?


嘘だよね?
いくや
お、お前、何言ってるんだよ?!
奈々
あー、あなたにバレちゃいましたね。

ウジウジしてるから、蒼空にとられるんですよ。

もう、2人は一緒に暮らしてるみたいですよ?

いいんですか?
え?

なんで、同じ一緒に暮らしてるってわかるの?

奈々に話したっけ?
いくや
一緒に暮らしてる?!
自分
な、なんで、奈々が知ってるの?
奈々
みたいって言ったのにそれで肯定しちゃったね。


あなたいつまで、私と山口課長避け続けるの?

これからも、避け続けるなら絶交するわよ。
自分
え、え、?

絶交なんて嫌だよ。
奈々
なら、避け続けるのはやめなさい。

蒼空と付き合うのもやめなさい。
自分
や、やめる。
奈々
んじゃ、今日、私とあなたと蒼空と山口課長で呑みに行くわよ。

今日で決着つけるんだから。
自分
う、うん。
いくや
お前、1人で決めんなよ。
奈々
こうでもしないといつまでもこの状態なんだよ?

職場がイライラした状態じゃ、みんなだって仕事したくないでしょ!
みんな
よくいった!

ありがとう。奈々様。
いくや
そうか。

んじゃ、今日6時な。
奈々と私と蒼空と山口課長で呑みに行くことになった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

てるるるるるるんっ
てるるるるるるんっ
初めて書くのでお願いします! 私の、妄想なので誹謗中傷はやめてください。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る