プリ小説

第11話

11
月曜日。


私は山口課長を避けるためにはやくいくのをやめた。


自分
ヤバいヤバい。。。

遅刻するー。
奈々
あなたいつも、余裕でいるのに今日どーしたの?
自分
寝坊しちゃって
ホントは山口課長のこと避けてるって言えないし。


山口課長は奈々が好きなんだっても言えないしね。
奈々
珍しいねー

何かあった?
ありまくりだよー。


話したいけど、奈々のことだし、話せないな。
自分
なんもないよー

今日も仕事頑張ろ!
奈々
ふーん、

(なんか空元気?怪しいな)
自分
奈々、今日お弁当忘れたからどこかにご飯食べに行こー
奈々
いいよー、いこいこ!
蒼空
んじゃ、俺も参加しよーかなー。

あなたいいよね?
奈々にいろいろ聞かれたくないから蒼空も一緒だと何も聞いてこないよね?
蒼空は私と奈々の同期!

たまにご飯食べにいったり、飲みに行ったりしてるー
自分
いいよ!

蒼空のオススメのとこに連れてって!
蒼空
はいはーい。


12時ちょうどに行けるように仕事頑張れよ。
奈々はちょっと不満そうだった。
自分
うん!


蒼空ありがと。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

てるるるるるるんっ
てるるるるるるんっ
初めて書くのでお願いします! 私の、妄想なので誹謗中傷はやめてください。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る