プリ小説
一覧へ

第31話

31
午後6時。


いくや
あなた、帰ろー♡
みんながいる前で話しかけてこないでよ。。。


恥ずかしい。。。
自分
は、はい////
みんながホッとしてるとは私はわかっていなかった。












































いくや
あなた、お腹すいたよね?

ご飯食べてから帰ろっか。


何食べたい?
自分
何でも、いいですよ。
いくや
何でもいいって言わないのー。

居酒屋でもいい?
自分
はい!































お腹いっぱい。。。

ちょっと食べすぎた。。。

いくや
いっぱい食べたね。

デザート入る?
自分
ちょっと入らないかもしれないです。。。


でも、甘いもの食べたいかも。
いくや
2人で1つ、パフェ頼もっか!
自分
いいですね!






















店員さんがパフェを持ってきた。
自分
んん?

これは、指輪。。。?
いくや
はやいかもしれないけど、俺はあなたと結婚を前提に付き合いたい。


どうかな?
自分
私なんかでいいんですか?
いくや
私なんかでって言わないの、俺はあなたじゃなきゃだめなんだ。
自分
私でよければ、よろしくお願いします。
いくや
よかった。

あなた、愛してるよ



終わり。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

てるるるるるるんっ
てるるるるるるんっ
初めて書くのでお願いします! 私の、妄想なので誹謗中傷はやめてください。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る