無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

🍀9~慧莉side~
少し落ち着いて教室に戻ると、いじめっ子がなぜかニヤニヤとしていた。
1限目の準備をするため、机に手を入れると
慧莉
慧莉
いっ…!?
見てみると、左手に切り傷があった。
優飛のファン
優飛のファン
切ったのが利き手の反対でよかったね?
優飛のファン(ぶりっこ)
優飛のファン(ぶりっこ)
ほんとほんと
いじめっ子達はそう言い捨てると他の人達の輪に入って行ってしまった。
机の中を覗くと、カッターが貼り付けられていた。
保健室…行こうかな
今は職員会議をしている時間。
うまくいけばバレずにすむかも。
よしっ。行こ…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者(春夏)
作者(春夏)
ばいはる~!