無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

🍀13~慧莉side~
あれから、どうやって帰ってきて寝たのかも分からない。
ただ一つ、分かることは"今日から二人に話しかけられない"事。
慧莉
慧莉
はぁ…
ため息をつくと幸せが逃げるとどこかで聞いたことがある。
幸せなんてない。
だから、ため息をついたって私のグラスからはもう水があふれ出るなんてことは無いんだ。
自分を守るように硬く、丁寧に三つ編みをして階段を下った。