無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

放課後
今日は3時間だったから早く終わった 〜
って
ユンギ先生
ユンギ先生
お前らな、初日に遅刻して、授業中煩くして、どんだけ迷惑かけたら気が済むんだ?
じみん
じみん
こんだけっす
〇〇
〇〇
ご、ごめんなさい
ユンギ先生
ユンギ先生
そして先生に対して言葉遣いどうなってんだよお前
じみん
じみん
お前だよほら、謝りな 笑
〇〇
〇〇
え!ごめんなさい!
ユンギ先生
ユンギ先生
いや、お前じゃねえよ
じみん
じみん
すいませんでした 〜、
ユンギ先生
ユンギ先生
とりあえず明日からは遅刻しないように
〇〇
〇〇
もちろんですとも!!
じみん
じみん
あなた 〜明日から一緒に学校行こうね 〜♪
〇〇
〇〇
え!
ユンギ先生
ユンギ先生
お遊びは後でしてくれ 今日は終わり
帰っていいぞ
〇〇
〇〇
ありがとうございます!!
じみん
じみん
あなた帰ろ 〜
〇〇
〇〇
うん!ってなんで急に呼び捨てなんですか
じみん
じみん
わ 〜、照れてる。
可愛〜
〇〇
〇〇
か、帰りましょう!!!
↑とまあ先生の話ほぼ無視するじみんくんと
何気優男のユンギ先生でした 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ri
ri
自己満の小説書くヤツ ))BTS
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る