無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

入学
私は今日から高校生
中学生からの出来事全部忘れて
高校でまた新しい生活を始めようと思う。
母
あなた 〜!あなた 〜!起きなさい!!
〇〇
〇〇
んぅ、、、今何時ぃ ??
午前7時20分
〇〇
〇〇
え!?ん!?やばい!!!
〇〇
〇〇
お母さん!もうちょっと早く起こしてよ 〜
母
何回も呼んだけど起きなかったのあなたでしょ??
〇〇
〇〇
んもう、、、!
母
今日入学式なんだから早くしなさい!
午前7時40分
〇〇
〇〇
行ってきま 〜す!!
母
あなた!!朝ごはんは!?
〇〇
〇〇
大丈夫 !行ってきます!!
午前8時15分
私の家から学校まで電車に乗らなくてもいい距離だから走ればギリギリセーフ。
〇〇
〇〇
はぁ、はぁ、疲れた
こんなこと言いながら靴を履き替えてたら隣に誰か来た。
??
あ〜、疲れた 〜
あっぶね、ギリセーフ
じみん
じみん
お!俺と同じクラス?
〇〇
〇〇
えっと、B組です
じみん
じみん
同クラじゃん!よろしく 〜
〇〇
〇〇
は、はい
じみん
じみん
って、遅刻するじゃん!!
(チャイムが鳴る)
じみん
じみん
やっば!行くぞ!
〇〇
〇〇
あ、うん!!
名前は分かんなかったけど仲良くしたいな
____教室にて
ユンギ先生
ユンギ先生
今日からここの担任になるミンユ、、、、、、
じみん
じみん
すいません、遅刻で〜す !
〇〇
〇〇
すいません !!
ユンギ先生
ユンギ先生
おい、二人揃って初日から遅刻か?
〇〇
〇〇
ほんとにすみません!!
じみん
じみん
こっち来な 〜
〇〇
〇〇
うん
ユンギ先生
ユンギ先生
とりあえず放課後、指導室な
ユンギ先生
ユンギ先生
ちゃんと場所覚えろよ
〇〇
〇〇
は、はい!!!
じみん
じみん
はいはい
ユンギ先生
ユンギ先生
てことで、今日からここの担任になるミンユンギだ。
って、私の入学初日はとても忙しい日。
運良いことにあの男の子と隣の席
_____入学式終わって
ユンギ先生
ユンギ先生
じゃあ、今日はみんなの自己紹介をしよう
??
きむてひょんでっす!
趣味は暴走でっす!よろしく 〜



きゃー!かっこいい!!
じみん
じみん
あ!てひょなじゃーん!お前遅刻しないとかめずらしぃー
てひょん
てひょん
俺だって遅刻しないぐらい出来るって 〜(ドヤ)
ユンギ先生
ユンギ先生
そこで喋るな 〜、はい次〜
どんどん順番が回って次は私の番
〇〇
〇〇
おはようございます!
ぱくあなたです。
えっと、趣味は映画鑑賞です!
よろしくお願いします
ふぅ、、言えた
てひょん
てひょん
いぇーーい!可愛い 〜!
じみん
じみん
おいてひょな〜 !やめろって
ユンギ先生
ユンギ先生
はいそこ!うるさい!
ユンギ先生
ユンギ先生
次!お前だぞ
じみん
じみん
えー、ぱくじみんです !
趣味はてひょなとおなじ、暴走でっす!
よろしくな 〜

わー!!こっちもかっこいい!
じみん
じみん
あなたって言うんだ??
名字同じだし!!名前可愛〜
〇〇
〇〇
ありがとう 、、、
なんかてひょんくん?とじみんくん?って優しそうだな。
最初は怖いイメージだったけど結構面白い人達 。。
てひょん
てひょん
あ!そういえば思い出した!
俺が登校してる時あなたちゃんめっちゃドタバタしてた!!
〇〇
〇〇
え!!
ユンギ先生
ユンギ先生
プライベートな話は休み時間ですれよ
ユンギ先生
ユンギ先生
えー、みんゆんぎです
趣味は音楽鑑賞。
よろしくな





そんなこんなで私の新しい生活始まりました
   















next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ri
ri
自己満の小説書くヤツ ))BTS
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る