無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10話 完?
テヒョン
テヒョン
何だよ、ジミナ...









きっとテヒョンもジミン君が
 
引っ越す事を知らないんだな...















...何て思いながらも

私の口から言うのは違う気がしたから

私は何も言わないようにした。




テヒョン
テヒョン
で、何があったの?




自分のクラスに向かって歩きながら

テヒョンにそう聞かれた




you
you
えっと......









...




you
you
ちょっとジミン君から頼まれて
手伝ってただけだよ


私はそう、笑顔で答えた


















きっと、無かった事にした方が良いんだ。














...いや、ジミン君の

気持ちはちゃんと受け取って

私の心の中に留めとこう





テヒョン
テヒョン
ふーん...
テヒョン
テヒョン
あ、あのさ




そう言うと急に足を止めたテヒョン






you
you
...どうしたの?廊下のど真中で。











...?








テヒョン
テヒョン
お、俺あなたに告白したの
本気だから。
テヒョン
テヒョン
...あなたが好きです。
俺と付き合って下さい/////









...///////!?!?








you
you
え、えっと////
テヒョン
テヒョン
......?
you
you
...うん、よろしく////
テヒョン
テヒョン
え?...チンチャ?...
マジっ...?
you
you
マジマジ笑
you
you
でも、真面目な告白は違和感かも(笑)
テヒョン
テヒョン
なんだよー、それで怒ったくせに
テヒョン
テヒョン
あーー、けど
you
you
テヒョン
テヒョン
今日俺嬉しすぎて死ぬかも。
you
you
は?//////












...そして二人は無事、付き合う事になりました。







―――完―――

































いちお終わりました!✨
2回も消えて、何回辞めようかと思ったか...



けどモヤモヤして終わらせるのは
個人的に嫌だったので頑張りました
(褒めて欲しい←(小声))






もう明日には番外編上がるのでぜひ👍

謎になってる部分も多いんで...汗