無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5話


――――次の日の朝





ガラガラッ





you
you
...テヒョン!?








いつもは遅刻してるテヒョンなのに
私より早くいるうえ、


...眼鏡をしてる??




(ちなみにこんな感じ)



ジミン
ジミン
テヒョンア、
今日からまじめになるらしいよ







...まじめ??








テヒョン
テヒョン
おはようあなた
you
you
お、おはよう
テヒョン
テヒョン
...席が隣ですね、
付き合おう。





眼鏡をかけてるから一見
まともな告白に聞こえるけど


言っていることは昨日と一緒。



you
you
...無理



(イメージ↓笑)







やっぱりテヒョンは私をからかってるんだ


と思った女の子










you
you
...はぁ、もういい加減にしてよ!
テヒョン
テヒョン
...っ?!何でそうなるんだよ、
俺だって必死に告白してるのに
そりゃテヒョンからしたら
真面目の本気で告白してる。



(マジメ君作戦も
わざわざ昨日徹夜して考えた作戦。)

















けど確かにからかってる様にしか
普通は見えないから、女の子はつい



you
you
嘘、無理
もう知らない!
テヒョン
テヒョン
な、なんだよ...。







そここらしばらくは二人は口を聞きませんでした。

































―――――でもそれはある日。