無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

プロローグ Part2
とある国の、とあるお城に、ひとりのお姫様が住んでいました。

美しい栗色の長い髪、唇は薔薇のつぼみ。

きらきらと輝く大きな瞳は、太陽の光をいっぱい集めたようです。

優しい王様とお妃様はひとり娘を溺愛し、お姫様の欲しがるものを欲しがるだけ与えたため、ちょっぴりワガママに育ってしまいましたが、そんなところもまた愛くるしく思うのでした。
なにひとつ不自由、平和で幸せな毎日。

けれど、年頃になったお姫様には、少しだけ退屈です。

なにしろ、お世話係の召使い達が何から何までお世話をし、スプーンだって持たせてくれるのですから。

でも、堅苦しい礼儀作法や、難しい古典や歴史のお勉強は大嫌い。時々お城の散歩をしますが、村の子供たちのように、木登りしたり、駆け回ったりすることは許して貰えません。



_____何か、ドキドキするような事はないかしら?




NEXT▹▸プロローグ Part3