無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

第二十四話🐯
校長先生
校長先生
ごめんね。

一回本人に聞いてみようか
テヒョン
テヒョン
はい、、、
あなた先生に言葉を教えてもらったおかげで伝えたいことを伝えられる、、、


しばらくして
あなた
あなた
どうしたんですか?
あなた先生が来た
テヒョン
テヒョン
あなた先生、、、、、
あなた
あなた
テヒョンくん?!

なんで泣いてんの?大丈夫?!
校長先生
校長先生
いや、それが、、、、
これまでの流れを説明すると、
校長先生
校長先生
テヒョンくんがここまで言うということはきっと嘘なんだね。ごめんね、疑って。
あなた
あなた
いえ!そのような誤解を生み出すようなことをした私も悪いので、今後注意します!

生徒にも注意しときますね!
校長先生
校長先生
ああ、よろしく
自分も悪かったと、言うあなた先生に疑問を持った。
校長室を出て行った後
テヒョン
テヒョン
(なんで、自分も悪いなんて言ったの?
 あなた先生は1ミリも悪くないのに)
あなた
あなた
(でもまぁ、とりあえず私自身に改善できる部分はあったからね!)
テヒョン
テヒョン
(じゃあ、もうあなた先生と学校で話せないの?)
(´・ω・)
あなた
あなた
 wwwww
(放課後たくさん話そう!)
テヒョン
テヒョン
(そうだね!)


あなた先生って、本当に性格いいよなー、、、