無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

第十三話🐯
その次の日から、パタリといじめは無くなった。

中休み、あなた先生に聞いてみた。
テヒョン
テヒョン
(どうして、手話ができるんですか?)
あなた
あなた
(私のお母さんが耳が聞こえなくて、私も覚えたの)
テヒョン
テヒョン
(そうなんですか。)
しばらく話していると、僕もだんだんあなた先生に慣れてきた。
テヒョン
テヒョン
(何歳なんですか?)
あなた
あなた
(レディーにそんなこと聞くなんて失礼でしょ!www)
テヒョン
テヒョン
www
あなた
あなた
(私は今23歳だよ!
 テヒョンくんの7歳上だね)
テヒョン
テヒョン
(そうなんですか)
楽しく会話できたのは、ジミンと会って以来だな