無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

第二話🐯
作者
かっこがついている時は手話で話しています

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


僕は、生まれつき耳が聞こえないため補聴器をつけて、ほとんど手話で生活している。

そんな僕を嫌ってか、僕はずっと人生でいじめを受けている。

テヒョン
テヒョン
(オンマ、また補聴器壊れちゃった)
ソア
ソア
(また!?なんで?)
テヒョン
テヒョン
(落としちゃって www)
ソア
ソア
(しっかりしてよね www)
テヒョン
テヒョン
(はーい)

大体は、暴力か補聴器を無理やり取られて壊されるか。

無理やり取られるお陰で、僕の耳が傷ついて血が出てくる。


怪我をした、とか補聴器を落とした、なんて言ってるけどオンマもアッパもきっと何かを察してるのだろう。